いびき 鼻1

いびきの原因となる鼻の疾患?

いびき,鼻1

いびきの原因は、鼻の疾患によりおこっている事も多いようです。なんらかの鼻の疾患があって、鼻づまりがあったり鼻で呼吸がしずらいとどうしても口で呼吸をしてしまいます。眠っているときに口呼吸をすると、鼻から咽頭までの空気の通り道が狭くなり、空気抵抗が大きくなってしまうため、振動がいびきとなってしまいます。

 

いびきが鼻の治療で改善できれば、熟睡感がなく眠った気がしない、疲れやすく集中力が続かない、などの悩みも解決するかもしれません。

 

いびきの原因となる鼻の疾患には、アレルギー性鼻炎や花粉症の他、副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症、蓄膿症などがあげられます。副鼻腔炎は、鼻腔から副鼻腔にバイ菌が入り、炎症を起こす病気です。鼻中隔湾曲症は、左右の鼻の穴を隔てる壁が極端に曲がっている症状です。

 

また、一時的な副鼻腔炎ではなくて慢性化して症状が続いているのが蓄膿症です。これらの鼻の疾患があると、常に鼻が詰まり、口呼吸が習慣化してしまいます。その結果、毎日いびきをかいたり、睡眠時無呼吸症候群になってしまう危険性もあります。

 

いびきの原因が鼻である場合には、単にいびきを治すためだけでなく、健康を守るためにも早めに耳鼻咽喉科を受診して、適切な治療を受けるようにして下さい。痛風 コーヒー